イベント情報

最新ニュース

  • EXPE TOUR 2018「Space Guitar Scrolls」

    9月23日(日)

    唯一無二のグルーブを生み出すギタリスト「YOSHITAKE EXPE」さんによる貴重な今治ライブ! たくさんの音楽家が訪れる今治でも、この音像にはなかなか触れる機会がありません。今治ホホホ座がSPACE GUITARで電化される夜! 電気信号による壮大な巻物! お見逃しなく!

    【出演】YOSHITAKE EXPE、Mineo Kawasaki(cowbells)
    【料金】2,500円(1ドリンク付き)


    【EXPE (www.nuexpe.com)プロフィール】
    未来派ギタリスト。SPACE GUITARと名付けられた、エレクトリックギターの電気信号を音響加工しライブで独創的な音を奏でるスペースギタープレイヤー EXPE。ミュージックマガジン誌の年間ベストアルバムに選出された『NUTRON/SPECTRA』、穏やかで神秘的な環境音楽『EXPE/TEERA』、マルコス・スザーノらを迎えた新境地的ワールド・ミュージック『EXPE/EMERALDA』等のカルト的名盤をリリース。
    国内外でのソロ活動に加え、電子音楽、民族音楽、ノイズ、現代音楽の第一線で活躍するミュージシャンやDJらと競演。その独創的なサウンドは、ワールドワイドな先鋭音楽愛好家に高く評価されている。

    (さらに…)

  • 第4回 海上自転車競争

    9月30日(日)

    第4回目となる海上自転車競争。今治城のお堀600メートルの特設コースを駆け抜けます! 観客になるか、参加するか!? あなたのチャレンジをお待ちしています。当日参加も可能です(人数限定)。

    【エントリー募集期間】
    ●自作船エントリー:6月1日〜6月30日/募集定員30艇/エントリー費3,000円
    ●チーム戦エントリー:7月1日〜8月31日/募集チーム数30チーム(5名)/エントリー費10,000円
    ●個人戦エントリー:7月1日〜8月31日/募集定員60人/エントリー費2,000円  

    各カテゴリーのエントリーはこちら>>
    自作船レギュレーションはこちら>>


    【体験試乗会を開催します】
    2018年9月9日(日)
    午前10時〜午後3時

    (さらに…)

  • 【まちなか学】ケイボン先生と今治まちブラ(2)

    10月14日(日)

    今治の歴史文化をこよなく愛するケイボン先生と、今治のまちなかをブラブラまち歩き。2回目は「お寺と神社編」。お寺が集まる「寺町」のナゾとは? 別宮大山祇神社や南光坊、お寺が集まる「寺町」など、まちなかの神社仏閣の歴史をケイボン先生がわかりやすくナビゲート。まち歩きから今治の歴史文化をひも解きます。普段は見られない宝物も拝観します!

    【講師】大成経凡氏(地域史研究家)
    【参加費】一般:1,000円(税込み)、小学生〜大学生:500円(税込み)、親子で参加の場合はお子さま無料
    【定員】30名
    【持ち物など】飲み物。歩きやすい服装。雨天決行(荒天中止)


    【「まちなか学」とは?】
    今治のまちなかには、歴史や文化、自然、商店街、商う人、そこに集う人など、たくさんの楽しみのタネがあります。そのタネを、個性豊かな専門家が独自の視点でレクチャーするのが「まちなか学」です。参加すればもっと知りたくなる、誰かに教えたくなる! たくさんのタネに芽が育つ、まちなか再発見のまち歩きに出かけましょう。

    ◎「まちなか学」は、多彩な講師たちとのまち歩きのほか、暮らしの手仕事やハンドメイドを楽しむ番外編など、今後も豊富なコースを開催予定です。
    ◎「まちなか学 平成30年度カレンダー」は「ぷらっと」のほか、今治市内の図書館、今治商店街店舗等で配付しています。


    【こんな人にオススメ】
    ●今治のまちなかって、何があるの?
    ●引っ越してきたばかりで街のことをよく知らない
    ●ずっと今治にいるのに、地域のことを実はよく知らない
    ●観光客やサイクリストに街のことを聞かれて困った
    ●子どもたちのために、地域のことを知りたくなってきた
    ●今治城や丹下健三、存在は知っているけどウンチクを語れない
    ●そもそも歴史なんて難しそう

    (さらに…)

  • ぼくらの市民会館・秋

    10月14日(日)

    今治の中心に音楽・ワークショップ・よいどうぐ・おいしいものが大集合! 古いものと新しいものが丹下建築を舞台に繋がっていく。集まる人も音楽も楽しい時間。今治市民会館で遊ぼう!
    「丹下建築・今治市民会館を遊ぼう」をテーマに昨年度2回開催し、大好評だったこの企画。今回の音楽ライブは寺尾紗穂、伊賀航、あだち麗三郎によるバンド「冬にわかれて」が出演! トークセッションに新著『脇道にそれる』も好評な作家、尹雄大(ユン・ウンデ)さんを招き、今治を拠点に活動を開始した「劇団250km圏内」の2人による演劇ワークショップも!
    さらにさらに、今治はもちろん松山からも素敵な道具を取り扱うお店や美味しいモノを提供してくれるお店が集います。
    「この町を楽しんでいけるか」はぼくらの手にかかっているのだ! さあ、今年も全力で市民会館で遊ぼう!

    (さらに…)

  • 第2回 今治城写真コンテスト

    作品募集中

    あなただけが知る『今治城の魅力』を写真におさめてみませんか?
    今治城では、2回目となるフォトコンテストを開催します。募集期間は来年の3月まで。四季ごとに表情を変えるお城の姿など、それぞれの多様な視点で撮影された作品を募集します。
    たくさんのご応募をお待ちしております。


    【応募期間】
    2018年4月1日(日)~2019年3月20日(水)当日消印有効


    【応募規定】
    ・応募者1人につき5作品まで。
    ・年齢、性別、国籍、住所、プロ、アマ不問。ただし応募者が満20歳未満の場合には、保護者の同意が必要です。
    ・応募者本人が2017年3月1日以降に撮影した「今治城」に関する写真とし、未発表でほかに発表予定のないものに限ります。またカラー・モノクロいずれの作品も応募可とします。
    ・赤目補正、画像圧縮などの必要最小限の処置を除いて組写真、合成写真、色調反転などの著しい加工を施した作品は、選考の対象外とします。
    ・応募作品の著作権は、撮影者に帰属します。
    ・今治城以外の構造物・人物等が撮影されている場合、被写体への肖像権の確認、応募作品とすることの承認を受けたものに限ります。
    ・主催者は、展示、出版物、広告宣伝物、ウェブサイト等において入賞作品を無断・無償で使用させていただくことがあります。
    ・今治城の運営上必要な時に第三者に入賞作品を提供することができるものとします。
    ・応募作品ならびに入賞作品の画像データは返却いたしません。
    ・応募者は本コンテストの運営・審査方法に従うものとします。
    ・審査後、入賞作品の原版(ネガ、ポジ・バックアップデータ等)を提出をお願いいたします。


    【応募方法】
    ・サイズはワイド4ツ切り、または4ツ切りとし、作品1点ごとに必要事項を記入した応募票(掲出チラシ裏面・コピー可)を作品の裏にテープにて貼付し、以下の提出先まで郵送、もしくは持参してご応募ください。
    ・応募に要した郵送費は応募者の負担となります。


    【個人情報の取扱いについて】
    応募票の個人情報は、入賞通知などコンテスト運営上の必要最小限の範囲で使用させていただきます。


    【提出先】
    〒794-0036 愛媛県今治市通町3-1-3 今治城管理事務所 写真コンテスト係

    受付時間:午前9時~午後5時
    電話:0898-31-9233


    【表彰・賞金】
    1)発表の時期:2019年5月上旬
    入賞作品には封筒等で通知し、今治城ホームページにて発表します。
    入賞作品は、2019年度に今治城で開催予定の「第2回今治城写真コンテスト」(仮称)で展示する予定です。

    2)賞の名称と賞金
    最優秀賞・・・1点 賞金3万円
    優秀賞・・・1点 賞金2万円
    特別賞(今治城主賞)・・・1点 賞金1万円
    特別賞(今治文化振興会賞)・・・1点 賞金1万円
    特別賞(日本遺産村上海賊賞)・・・1点 賞金1万円
    入選・・・10~15点程度
    記念品:今治城オリジナルタオル


    【応募票】
    こちらからダウンロードください。

    (さらに…)

  • Lujoe and the Gifted Special Live

    9月19日(水)

    今治のお寺にカリブ海の島国トリニダード・トバゴから陽気な楽団「Lujoe and the Gifted」がやってくる! 来日に合わせての奇跡の今治公演、お見逃しなく!
    【料金】予約:3,000円、当日:3,500円(1ドリンク付き)


    【Lujoe and the Gifted プロフィール】
    “Lujoe and the Gifted” は22歳から27歳の5人のメンバーで構成されるバンド。若干2年半の活動で、現在までに200以上のショーに出演する、トリニダード・トバゴで頭角を表している人気バンド。カリブ海ならではのカリプソ、ソカ、レゲエなどのトロピカルな音楽で、若年層から60代まで幅広い層から注目されている。
    彼らのビジョンは、自分たちの音楽やパフォーマンスを通じ、トリニダード・トバゴの若者たちに生まれた島への誇りと自信を感じてもらうこと、そしてこの島の音楽の持つ果てしないポジティブ・パワーを世界中に広めていくこと。Lujoe and the Giftedはオリジナルソングのリリースと、カバー曲を演奏し、ミュージックビデオとしても発信。その中でも『Portrait of Trinidad』は、1日で50万ビュー、現在では200万ビューを達成している。

    (さらに…)

  • 第23回 ミナト今治音楽横丁

    9月2日(日)

    港町には音楽がよく似合う! 今治のまちなかを盛り上げようと、今治のミュージシャンたちが、今治のまちなかで路上ライブを行います。夏の「ミナトいまばり」で、音楽を聴きながら食事やお買い物をお楽しみください。

    【同時開催】新町世界市場「新☆世界」Germany
    毎回テーマが変わる世界の市場! 今回はGermany、「ドイツ」です! 「Cafe warm 魚夢」にて開催します。

    【ライブスケジュール】


    1)みなと交流センター はーばりー
    12時:音送屋
    12時半:内海裕也
    13時:Folky Bones
    13時半:瀧川倫太
    14時:もんじゃ
    14時半:フェゴバリーノ
    15時:岩見たかし
    15時半:濱山風
    16時:山椒魚


    2)Cafe warm 魚夢
    12時:AVE
    12時半:横山源三
    13時:Bekka
    13時半:ショージ
    14時:ヤッチン
    14時半:Eri
    15時:Folky Bones
    15時半:新町ダブリンズ


    3)本町一丁目商店街
    13時:もんじゃ
    13時半:KoKo
    14時:横山源三
    14時半:Jog
    15時:朝倉ブルーグラスクラブ


    4)ほんからどんどん
    13時:ハタスケ
    13時半:岩見たかし
    14時:内海裕也
    14時半:瀧川倫太


    5)銀座観音
    13時:フェゴバリーノ
    13時半:Jog
    14時:ももか
    14時半:Bekka
    15時:ぐっちゃん


    ◎次回2018年10月7日(日)、ライブ出演者大募集!
    (さらに…)
  • 大人の夜市 in 寺町

    8月25日(土)

    今治の隠れ名所、通称「寺町」の11ヶ寺とその周辺を会場とした粋でおしゃれな夏夜市です。音楽ライブ、アーティストのパフォーマンス、寺町寄席、ワークショップやギャラリーなどに加え、寺町ならではの写経や座禅体験も。11ケ寺を巡るスタンプラリーで抽選会も開催します。夏の終わりの風情を寺町で楽しみましょう。
    (さらに…)

  • 無料コンサート&バイオリン体験

    8月25日(土)

    愛媛(松山・今治)にジュニアオーケストラが誕生します! 無料コンサート&バイオリン体験に参加してみませんか? バイオリン体験は小学生〜高校生までのお子さま先着30名です。音符が読めなくても、もちろん楽器が初めてでも大丈夫! バイオリン体験をご希望の方は、下記連絡先までお申し込みください。コンサート鑑賞のみも可能です♪

    野尻千夏 〜Chinatsu Nojiri〜
    日本大学芸術学部音楽学科卒業。これまでバイオリンを戸澤哲夫、高田久仁子、エルンスト・レスターの各氏に師事。在学中には室内楽オーディションに合格し「室内楽の夕べ」に出演。現在、オーケストラや室内楽でトレーナーや講師を務めるほか、子どもから大人までの幅広い層を対象に後進の指導を行う。また日本各地の幼稚園や保育園にて行われるキッズコンサートに出演するなど演奏活動を行う。


    今後の練習日程(9月より練習が始まります)
    今治ジュニア(しまなみアースランド):毎週火曜日
    午後6時〜小学校低学年、同7時〜小学校高学年以上

    (さらに…)

季節のイベント

  • 今治市民のまつり「おんまく」

    8月第1土曜・日曜

    今治市民のお祭り「おんまく」は、それまで行われていた2つの祭り「港まつり」と「バリ祭」を統合して1997年から始まりました。今では今治の夏を盛り上げるイベントとして定着しています。
    今治の目抜き通り、広小路にズラリと並ぶ郷土芸能・継ぎ獅子(肩車で人が一段ずつ連なる「三継ぎ」と「五継ぎ」の天空の獅子!)の迫力の舞いや、しまなみ地方伝統の和太鼓の共演も大きな見どころ。今治のスゴイ人たちがまちなかに集結します。
    祭りのクライマックスは、なんといっても「おんまく花火」です。1万発の花火が今治港の夜空を染める光景は圧巻のひとこと。市内外からも大勢の見物客が訪れ、まちなかの盛り上がりは最高潮に達します。
    ちなみに「おんまく」とは、今治弁で「めちゃくちゃ」「いっぱい」「おもいっきり」という意味の勢いのある言葉。まさに、今治市民が“おんまく”楽しむためのお祭りなのです。
    (さらに…)

  • 今治商店街 土曜夜市

    6月末〜8月中旬

    今治商店街の夏の恒例イベントです。全長約700mある今治商店街のアーケードの下に、たこ焼きや焼きそば、金魚すくいなどの昔ながらの屋台がズラリと並び、2つのステージでは子どもたちのダンスパフォーマンスや今治のミュージシャンの演奏に大勢の人が集まります。
    60年以上も前からといわれる土曜夜市。長い歴史のなかで一時は客足が減った時期もありましたが、悩んだ商店街の方が始めたのが「オープンカフェ」と「ストリートライブ」。腰を落ち着ける場所と、ライブを目当てに集まる人などで、再び賑わいと活気が取り戻されました。
    もう一つの名物といえば、射的やお化け屋敷、レールが長すぎるミニ新幹線、パターゴルフなどの出し物系。今治らしい昭和の香り漂う風景と子どもたちの歓声は、懐かしい佇まいが残る今治商店街ならではの楽しみと言えるでしょう。
    土曜夜市は毎年6月の末から8月のお盆休みまで毎週土曜に開催されます。大人は懐かしく、子どもには新しい今治商店街の土曜夜市をお楽しみください。

    (さらに…)

  • 吹揚神社 例大祭

    5月第2土曜日

    「ヨイヤナ〜、ヨイヤナ〜、見たか聞いたか吹揚城は、大手はす池ボラが飛ぶ〜♪」今治城内の吹揚神社にて祭典を行った後、大神輿、女神輿、若神輿、やぐら太鼓が中心市街地を練り歩きます。
    商店街と宮入の際にはお餅まき、吹揚公園内では獅子舞奉納もあり、まちなかが一日中華やぎます。

    (さらに…)

©︎今治市中心市街地再生協議会