イベント情報

最新ニュース

  • 山丹正宗 新酒まつり

    11月23日(土)・24日(日)

    今治の地酒「山丹正宗」の新酒まつりを開催します! しぼりたての新酒の試飲や即売のほか、抽選や福箱の販売にマジョールコンサートなどの楽しい企画、ご当地グルメの屋台も多数出店! この機会にぜひ「しぼりたて」ならではの芳醇な味わいをお楽しみください。(入場無料・臨時駐車場あり)


    1等1万円が当たる抽選付き!
     久万高原の清流米「ふくひかり」を使った新酒をご用意しています。
     米麹のみで作った甘酒も販売いたします。(限定100本/1日50本ずつ販売)

    お得な「福箱」を限定販売(非売品のお酒が入っているかも?)
     四合瓶福箱 5本入り 5,000円/一升瓶福箱 5本入り 10,000円

    マジョールコンサート
     11月23日(土)午後1時〜

    ご当地グルメの競演
    山鳥「今治焼き鳥」/「つぼ吉」美酒鍋/今治バリラーひろめ隊「今治ラーメン」/青野酒店「酒粕スイーツ」「内子・醍醐チーズ」/手しごと遊菜922「炭火焼き肉まん」(日曜のみ)/伊藤本舗「餃子」/魚藤「魚介類のおつまみ」/久万山物産「各種特産品」など、多数出店!

    (さらに…)

  • 野口太鼓台が今治にやってくる

    11月23日(土)・24日(日)

    西条市から野口太鼓台が今治にやってきます。23日(土)はまちなかを、24日(日)は新都市と夢スタへ、FC今治の応援に駆けつけます。新調したての豪華な野口太鼓台! この機会に迫力の太鼓台をぜひ目の前でご覧ください!!

    (さらに…)

  • 劇団文化座公演『銀の滴 降る降る まわりに −首里1945−』

    11月30日(土)

    1944年、沖縄は首里で、出会うはずのない者たちが出会った。
    そして1945年―― 軍属として炊事兵となった、銃を持たない人間たちの沖縄戦。アイヌ、沖縄、そして日本の兵士がそれぞれに偏見を抱え、いがみ合い、喧嘩しながら食料を調達し、調理が始まる。
    足りない食糧、激しくなる米軍の攻撃。いつまでもいがみ合っていては生き残れない。嫌でも手を組むしかないのだ。ぎこちなく差し出された手と手が、やがて……。

    (さらに…)

  • くるるとロボローの商店街クリスマス大作戦!

    12月1日(日)

    もうすぐたのしいクリスマス。くるる&ロボローといっしょに、かわいいクリスマス飾りをつくろう! 商店街のお店もかざっちゃおう!
    今治商店街のお店と造形作家・くるるの「顔つけアート」がコラボ。ワークショップでクリスマスリースを作ります。作ったリースはお持ち帰りいただけます。当日は商店街のお店を飾るクリスマスツリーのオーナメント作りも。ツリーは後日展示されます!

    (さらに…)

  • 第35回 親子人形劇のつどい

    12月1日(日)

    子どもたちに手づくりの温かさと生の感動を伝え、豊かな情操を涵養し思いやりのある心を育てることを目的とした人形劇です。今治の特産品タオルで手作りした人形を使い、上演は人形劇グループ「人形芝居ひめ」が演じます。

    (さらに…)

  • 【まちなか学】柑橘とスパイスのポマンダー作り

    11月15日(金)

    香りを楽しむナイトワークショップを開催! クリスマスに向けて、オレンジとクローブ(丁子)、シナモンなどのスパイスを使って作るヨーロッパ伝統の飾り「ポマンダー」を作ります。ポマンダーは「香り玉」とも呼ばれ、家族が健やかに過ごせますようにと願いを込めて作られます。今回は今治産の柑橘を使って、オリジナルのポマンダーを作ってみましょう。


    【講師】越智弘子(今治市地域おこし協力隊・AEAJ認定アロマセラピスト)
    【参加料】500円(材料費・税込み)
    【定員】15名

    (さらに…)

  • 【まちなか学】手作り小物とラッピングアレンジ

    11月17日(日)

    都内で手作りウエディングドレス教室を運営してきたマミ先生と、かわいいティッシュケースを作ります。おしゃれなラッピング方法もご紹介するので、プレゼントの多いこれからの時期、クリスマスの手作りプレゼントなどにもぴったりです。もちろん自分用にも作ってみませんか? 手芸初心者の方も簡単&素敵に仕上がります!
    お茶を楽しみながらの、ちょっとしたティーパーティもご用意しています。ぜひお気軽にご参加ください。

    (さらに…)

  • 伊予を想う会

    11月17日(日)

    「伊予を想う会」第3回を、今治市商店街​内の「ほんからどんどん」で開催します。
    下記の案内で詳細を見て、是非、ご参加くださいね。お会いできるのを楽しみにしています。


    ◎第3回テーマ:まち中歩き。今治の歴史を知って、今治を楽しもう!!
    講師の話を聞きながら1時間半歩き、ほんからどんどんで、皆で地域について気軽に話しましょう。
    【講師】小池公一氏(まち中案内人)
    【参加費】500円(学生200円、小・中学生無料、お茶菓子代込)

    (さらに…)

  • 【まちなか学】ケイボン先生とまちなか工場見学(2)

    11月9日(土)

    ケイボン先生と行くまちなか工場見学の第2弾。タオルの街・今治でも歴史が長く、今年創業100年を迎える今治タオルの工場を訪ねます。普段は入れない工場はもちろん、記念室などの見学も。今や全国に知られるようになった「今治タオル」は、なぜ今治に生まれたのか? そのルーツをケイボン先生が解説します!

    (さらに…)

季節のイベント

  • 今治市民のまつり「おんまく」

    8月第1土曜・日曜

    今治市民のお祭り「おんまく」は、それまで行われていた2つの祭り「港まつり」と「バリ祭」を統合して1997年から始まりました。今では今治の夏を盛り上げるイベントとして定着しています。
    今治の目抜き通り、広小路にズラリと並ぶ郷土芸能・継ぎ獅子(肩車で人が一段ずつ連なる「三継ぎ」と「五継ぎ」の天空の獅子!)の迫力の舞いや、しまなみ地方伝統の和太鼓の共演も大きな見どころ。今治のスゴイ人たちがまちなかに集結します。
    祭りのクライマックスは、なんといっても「おんまく花火」です。1万発の花火が今治港の夜空を染める光景は圧巻のひとこと。市内外からも大勢の見物客が訪れ、まちなかの盛り上がりは最高潮に達します。
    ちなみに「おんまく」とは、今治弁で「めちゃくちゃ」「いっぱい」「おもいっきり」という意味の勢いのある言葉。まさに、今治市民が“おんまく”楽しむためのお祭りなのです。
    (さらに…)

  • 今治商店街 土曜夜市

    6月末〜8月中旬

    今治商店街の夏の恒例イベントです。全長約700mある今治商店街のアーケードの下に、たこ焼きや焼きそば、金魚すくいなどの昔ながらの屋台がズラリと並び、2つのステージでは子どもたちのダンスパフォーマンスや今治のミュージシャンの演奏に大勢の人が集まります。
    60年以上も前からといわれる土曜夜市。長い歴史のなかで一時は客足が減った時期もありましたが、悩んだ商店街の方が始めたのが「オープンカフェ」と「ストリートライブ」。腰を落ち着ける場所と、ライブを目当てに集まる人などで、再び賑わいと活気が取り戻されました。
    もう一つの名物といえば、射的やお化け屋敷、レールが長すぎるミニ新幹線、パターゴルフなどの出し物系。今治らしい昭和の香り漂う風景と子どもたちの歓声は、懐かしい佇まいが残る今治商店街ならではの楽しみと言えるでしょう。
    土曜夜市は毎年6月の末から8月のお盆休みまで毎週土曜に開催されます。大人は懐かしく、子どもには新しい今治商店街の土曜夜市をお楽しみください。

    (さらに…)

  • 吹揚神社 例大祭

    5月第2土曜日

    「ヨイヤナ〜、ヨイヤナ〜、見たか聞いたか吹揚城は、大手はす池ボラが飛ぶ〜♪」 今治城内の吹揚神社にて祭典を行った後、大神輿、女神輿、若神輿、やぐら太鼓が中心市街地を練り歩きます。
    商店街と宮入の際にはお餅まき、吹揚公園内では獅子舞奉納もあり、まちなかが一日中華やぎます。

    (さらに…)

©︎今治市中心市街地再生協議会