イベント情報

最新ニュース

  • スナック・ホホホ 「あたらしい公共を考えてみる《1》」

    2月14日(金)

    『スナック・ホホホ』はお酒の力を借りて、ちょっと滑らかになったお客さん同士の対話を通じて、他者の困っていることや自分との違いに気づき、知ることができる場にしたいと思っています。あわよくば、気分が良くなった勢いで、困りごとを解決していくためのアクションを起こすきっかけの場になれば幸いです。

    もちろん、発言をしないのも自由ですのでお気軽にお越しください。(飲まないのも自由です!ノンアルコールの飲み物も準備しています)

    (さらに…)

  • 映画『まだ見ぬあなたに』今治上映&お話会

    2月22日(土)

    里親や養子縁組など、血縁を伴わない家族の形によって、救われる子ども達がいる。家庭的養育の普及・啓発を行う団体「エンライト」が製作した短編映画を通して、私たちの社会が抱える問題と希望について、ゲストスピーカーを交えてみんなで話して、みんなで考える上映会です。
    「若年妊娠」「里親」「養子縁組」「地域で子育て」「性教育」「家族」…さまざまな角度から読み解くことができる映画です。性別年齢問わず、どなたでもご参加ください。

    (さらに…)

  • アラニとブルラグの春一番ゆるゆるお四国ツアー

    2月22日(土)

    ハワイ音楽の生演奏ライブ。 ゲストは、日本におけるハワイ音楽の第一人者、山内アラニ雄喜。地元バンドに、ブルーラグーンストンパーズ、ニューアロハエコーズが出演。フラダンスとのジョイントショーもあります。山内氏による、ハワイアン楽器のワークショップも同時開催。

    (さらに…)

  • キャンプシアター『妻とともに』プロジェクト

    2月24日(月・祝)

    今治で、老後の暮らし / 介護を考える。自分の老いや、自分の大切な人の老いについて、誰かと話してみませんか?
    1.上演をみる
    2.対話する 食事付き

    (さらに…)

  • IMABARI Color Show 2020

    2月26日(水)〜3月1日(日)

    2017年からスタートした今治の染色技術を紹介する展覧会「IMABARI Color Show」。3回目の本年も、建築家/デザイナーのエマニュエル・ムホー氏をメインアーティストに迎え、公会堂の客席を使ったインスタレーション「1000色の波 2020」を発表。昨年と違った色の波をお楽しみいただけます。
    また、市民のみなさんと、未来の染色を考えるワークショップや、トークイベント、本年のテーマカラー「丹下グレーと劇場レッド」にちなんだ、公会堂のライトアップも実施いたします。みなさまぜひお越しください。

    (さらに…)

  • キャンプシアター『テントで えほん』

    3月1日(日)

    テントのなかは絵本でいっぱい! 絵本を読んだり、見たり、聞いたり、想像力を広げてみよう!
    家から読まなくなった絵本を持ってくると、テントの中の好きな絵本と交換して持って帰ることができるよ。お絵かきや積み木もあるよ!

    (さらに…)

  • からだワークショップ『ゆうきダンス』

    3月1日(日)

    人とのコミュニケーションで困っていることはない? ことばを使わずからだで対話したら、もっと素直に自分を伝えられ、もっと相手を感じることができるかも。からだの声に耳を傾けて、自分と出会い相手と出会う、からだの表現ワークショップ。

    【参加費】野菜をお持ちください。有機野菜大歓迎!
    【ワークショップ進行役】黒田真史

    (さらに…)

  • まちなかバードウォッチング

    3月8日(日)

    今治のまちなかの中心、今治城の自然をウォッチング! お城に集まる小鳥を探したり、普段は入れない石垣の下の「犬走」に入って、貴重な里山の動植物を観察します。まちなかならではの自然環境をのぞいてみよう。
    (※荒天中止)


    【講師】渡邉奈央氏 (日本野鳥の会会員)、小澤潤氏(NPO森からつづく道 副代表)
    【集合】今治城内、吹揚公園に集合
    【定員】20名
    【参加料】無料
    【持ち物など】動きやすい服装。双眼鏡をお持ちの方はご持参ください(貸出用は数に限りがございます)

    (さらに…)

  • 金星川と君と僕

    3月29日(日)

    今治のまちなかに流れる金星川。レトロな街並み。金星川左岸Style。
    小さな小さなマーケットです。街並みを探訪したり、マーケットでお買い物を楽しんだり、レトロな街並みでのんびり過ごしませんか。
    ◎出店者さんのドレスコードは昭和レトロ。ご来場の皆さんもぜひ!

    (さらに…)

季節のイベント

  • 今治市民のまつり「おんまく」

    8月第1土曜・日曜

    今治市民のお祭り「おんまく」は、それまで行われていた2つの祭り「港まつり」と「バリ祭」を統合して1997年から始まりました。今では今治の夏を盛り上げるイベントとして定着しています。
    今治の目抜き通り、広小路にズラリと並ぶ郷土芸能・継ぎ獅子(肩車で人が一段ずつ連なる「三継ぎ」と「五継ぎ」の天空の獅子!)の迫力の舞いや、しまなみ地方伝統の和太鼓の共演も大きな見どころ。今治のスゴイ人たちがまちなかに集結します。
    祭りのクライマックスは、なんといっても「おんまく花火」です。1万発の花火が今治港の夜空を染める光景は圧巻のひとこと。市内外からも大勢の見物客が訪れ、まちなかの盛り上がりは最高潮に達します。
    ちなみに「おんまく」とは、今治弁で「めちゃくちゃ」「いっぱい」「おもいっきり」という意味の勢いのある言葉。まさに、今治市民が“おんまく”楽しむためのお祭りなのです。
    (さらに…)

  • 今治商店街 土曜夜市

    6月末〜8月中旬

    今治商店街の夏の恒例イベントです。全長約700mある今治商店街のアーケードの下に、たこ焼きや焼きそば、金魚すくいなどの昔ながらの屋台がズラリと並び、2つのステージでは子どもたちのダンスパフォーマンスや今治のミュージシャンの演奏に大勢の人が集まります。
    60年以上も前からといわれる土曜夜市。長い歴史のなかで一時は客足が減った時期もありましたが、悩んだ商店街の方が始めたのが「オープンカフェ」と「ストリートライブ」。腰を落ち着ける場所と、ライブを目当てに集まる人などで、再び賑わいと活気が取り戻されました。
    もう一つの名物といえば、射的やお化け屋敷、レールが長すぎるミニ新幹線、パターゴルフなどの出し物系。今治らしい昭和の香り漂う風景と子どもたちの歓声は、懐かしい佇まいが残る今治商店街ならではの楽しみと言えるでしょう。
    土曜夜市は毎年6月の末から8月のお盆休みまで毎週土曜に開催されます。大人は懐かしく、子どもには新しい今治商店街の土曜夜市をお楽しみください。

    (さらに…)

  • 吹揚神社 例大祭

    5月第2土曜日

    「ヨイヤナ〜、ヨイヤナ〜、見たか聞いたか吹揚城は、大手はす池ボラが飛ぶ〜♪」 今治城内の吹揚神社にて祭典を行った後、大神輿、女神輿、若神輿、やぐら太鼓が中心市街地を練り歩きます。
    商店街と宮入の際にはお餅まき、吹揚公園内では獅子舞奉納もあり、まちなかが一日中華やぎます。

    (さらに…)

©︎今治市中心市街地再生協議会