いまばり市民劇場 第148回例会『夏の雲は忘れない』

7月11日(木)

ヒロシマ ナガサキに落とされた原爆によって父母を亡くした子供、子供を亡くした両親の書き残した手記を女優たちが朗読いたします。
特別な大道具、小道具はありませんが背景には映像が映し出され、音楽、効果音、照明によって構成されています。



朗読劇『この子たちの夏』は2007年秋、演劇制作体「地人会」の解散に伴い、1985年から23年間767回の全国を巡る公演活動が中止されました。
この公演に出演してきた18人の女優が集まり2008年3月、新しく「夏の会」を立ち上げ、女優たちによる朗読『夏の雲は忘れない』1945・ヒロシマ ナガサキの公演活動をスタートしました。
突然肉親を奪われた怒りや悲しみ、親子の絆、愛の深さを多くの若い人たちが自分のこととして考えていただきたく、小さな小さな灯ですが点火いたしました。

「夏の雲は忘れない」1945・ヒロシマ ナガサキは主催者と実行委員、そして女優たちの共同作業で成立する公演です。


【構成・制作】夏の会
【演出】城田美樹
【出演】長内美那子、川口敦子、高田敏江、寺田路恵、日色ともゑ、山口果林、他

開催日 2019年7月11日(木)
時間 開場:午後6時、開演:同6時半〜
会場 今治市中央公民館 4F大ホール(今治市南宝来町1-6-1)
主催 いまばり市民劇場
問い合わせ 0898-32-0330(いまばり市民劇場 事務局)
HP https://simingekijo.iinaa.net/simin/

MAP

©︎今治市中心市街地再生協議会