北里彰久& mmm with エマーソン北村 ダブルレコ発ツアー

12月14日(土)

最高な2組による贅沢なダブルレコ発ライブが決定!! この音の周りで一緒に温まりましょう!

【出演】北里彰久(Alfred Beach Sandal) / mmm with エマーソン北村
【料金】予約:3,000円、当日:3,500円(15歳以下無料)
※要1ドリンクオーダー


北里彰久
2009年よりフリーフォームなソロユニットAlfred Beach Sandalとして活動開始。ロックやMPB、ブラックミュージックなどに影響を受けたっぽいごちゃごちゃとした作風で、存在感を放つ。
2019年、海辺でチャクラ全開になり完全にネクストに突入したため、本人名義で初のフルアルバム『Tones』を発表。別次元の存在感を放つ。


mmm with エマーソン北村
2016年6月、神戸塩屋の旧グッゲンハイム邸で行われたイベント「初夏のセンバツ」においてmmm(ミーマイモー)とエマーソン北村はほぼ初対面の状態でセッションする。これをきっかけに二人は「with」や「and」名義のライブを行うようになり、東京でのイベント参加や関西・北陸ツアーを続けてきた。2018年2月にリリースされたエマーソン北村のバンコクナイツトリビュートEPでは収録曲「Rock Your Baby」にmmmがヴォーカルで参加し、国内のみならず海外からも反響を得る。同年夏には共作曲を中心とした4曲入りカセットテープをライブ会場限定で販売し、完売する。
2019年10月にドイツで開催されるWEEK-END FEST#9に出演が決定。フェスに続いてUKとヨーロッパでもツアーを行う。そして同時に、初のフルアルバム「CHASING GIANTS」をCDと配信でリリースする。各々がソロアーティストでありながら、曲作りにおいても演奏においても対等にアイデアを出し合い、一人では聴くことのできない(そして誰もが聴いたことのない)音楽を生み出したいと考えている。


mmm(ミーマイモー)
2006年から弾き語りを中心とした音楽活動を展開。2013年に突如「引退」し、以来余暇を謳歌している。現在まで、宇波拓録音による2枚のスタジオ・アルバム、宅録による3枚のミニアルバム、1枚のライブアルバムをリリース。英語と日本語のリズムを行き来しながら、儚い日々の移ろいを歌にしている。影響を受けたシンガーは Feist, Cat Power, Tara Jane O’Neil, 梶芽衣子, 金延幸子, 浅川マキなど。2016年に韓国、2017年にNYへ招致される。ベース、フルート、シンセなどで数々のプロジェクトに参加する傍ら翻訳業を生業とする。


エマーソン北村
キーボード奏者としてJAGATARA、MUTE BEATの後期に参加。ライブハウスのエンジニアやインディーレーベルのスタッフを経て1990年代から現在までの間に、忌野清志郎&2・3’s、EGO-WRAPPIN’、斉藤和義、シアターブルック、キセルなど数多くの個性的なバンド・アーティストと共に活動してきた。幅広い音楽を理解した自由で的確な演奏とインディー/メジャーを縦横に行き来するフットワーク軽いスタンスが、世代を問わない幅広い層から支持を集めている。「エマソロ」と呼ばれるソロ活動では作曲、レコーディング、ミックスのすべてを一人で行い、ロックステディを基本にしながらも独特の風景が見える音楽を作っている。2014年にアルバム「遠近(おちこち)に」、2016年には自身によるエッセイも収録した「ロックンロールのはじまりは」をリリースし、音楽ファンに留まらない反響を得た。十年以上続くライジングサンロックフェスティバルへの出演をはじめ、古書店やカレー屋などあらゆる場所で、キーボードとリズムボックスを携えた一人ライブを行っている。

開催日 2019年12月14日(土)
時間 開場:午後6時半〜、開演:同7時
会場 今治ホホホ座(今治市共栄町1-3-3)
主催 今治ホホホ座
問い合わせ i.hohoho.za@gmail.com(今治ホホホ座)
※件名「12/14ライブ予約」、お名前、人数、お電話番号を明記の上お申し込みください
HP Facebookページ>>

MAP

©︎今治市中心市街地再生協議会